社会情勢

知らなきゃマズい!サブスクリプション!所有からアクセス権へ。

この記事はこんな方におすすめ
・サブスクリプションを知りたい!
・サブスクリプションについて説明できるようになりたい!
・サブスクリプションを導入したい!

読む時間:3分

今日のテーマはサブスクリプションです。一度は聞いたことがあるかもしれません。サブスクリプションとは、継続課金のことです。月額いくら、年額いくらという支払いの方法です。青汁といった健康食品の定期購入をイメージするとわかりやすいですね。

とはいっても、だから何?自分には関係ない。と思われるかもしれません。しかし全くそんなことはありません!新型コロナウイルス感染拡大により、オンライン化が急速に進んでいます。つまりサブスクリプションサービスが益々広がりますので、これを知らないのはマズいのです!

PDFの編集ソフトなどを販売していたAdobe。聞いたことありますよね?同社はこれまでソフトを販売していました。買ったら、ソフトが届いて(ダウンロードして)、パソコンにインストールして使えるという方法。そしたら数年後に新しいバージョンが出て、買い直すというサイクルです。

この方法から、2012年にサブスクリプションサービスに切り替えました。ソフトを売る(所有する)から、アクセスしていつでも使えるというサービスです。その結果、2013年だけ前年から落ちましたが、2016年に回復。2019年は過去最高を更新しています。うなぎ上りです。

オンラインのサブスクリプションの魅力は、企業側としては①在庫を抱えなくて済むこと、②売上が安定すること、ユーザー側は③月の支払いが小さくて済むこと、④バージョンアップの心配がないことです。

他にもNetflix。2019年8月の報告では、世界のインターネット通信量の1位はGoogle(12%)で2位がNetflix(11.44%)。GoogleにはYouTubeが含まれていますし、検索エンジンとしての機能もあります。しかしNetflixは動画視聴のみ。つまり動画視聴としては世界一でしょうね。もちろん月額課金です。

さらにMicrosoftのOfficeもサブスクリプションになりましたね。その結果、企業向けの売上は単年で25%も向上。在庫を抱えていませんので、粗利はさらに向上します。AppleのiMusicもCDの在庫はいりません。

そしてさらに驚くべきことはAmazon。ご存知のAmazon primeですがもちろん年間支払い。自粛中のお供、Prime Videoも単体で月500円。サブスクリプション。ここからですが、プライム会員と非会員の年間購入費は約2倍だそうです。つまりプライム会員の方が、そうでない会員と比較して2倍近くアマゾンで買い物している。会員費とは別に、倍のお金を落としている。

いかがでしょうか。サブスクリプションサービスの威力。私たちが運営しているReha on-demandもサブスクリプションサービスです。

皆さんのサービスもサブスクリプションにできるものから移行させましょう!関係ないことはありません。この発想で考えてみれば、どこかできます!

まとめ:
・サブスクリプションサービスとは月額課金
・売り上げが安定する
・できることからサブスクリプションに移行する

本内容は、参考資料を元に考察したものです。そのためあくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
Abobe
Netflix
Microsoft 

落書きで記憶する。証明されたすごい効果。前のページ

ストレスを効果的に解消する方法。米国心理学会が提唱する5つのコツ次のページ

関連記事

  1. 営業・交渉

    知らないとヤバい!持続可能な開発目標(SDGs)

    この記事はこんな方におすすめ・世の中の流れがわかるようになりたい…

  2. 社会情勢

    コロナによって世の中はどう変わるのか?個人、社会、企業の未来

    この記事はこんな方におすすめ・世の中の流れについていきたい!・社会課…

  3. 社会情勢

    シン・ニホン!この本を読むべし!

    この記事はこんな方におすすめ・これからの時代の役に立ちたい!・これか…

  4. セルフマネジメント

    そぎ落とす!シンプルなルールの作り方。

    この記事はこんな方におすすめ・小さな労力で大きな成果を得たい!・職場…

  5. 人間関係

    これが本気の採用戦略!職場内に目を向ける

    この記事はこんな方におすすめ・人が集まる組織を作りたい!・強い組織を…

  6. 社会情勢

    改めて!2025年問題と2040年問題

    この記事はこんな方におすすめ・医療と介護のこれからを知りたい・組織の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINEで通知を受け取る

友だち追加

最近の記事

ビジネスのご依頼について

ビジネスのご依頼についてはこちらから

PAGE TOP