セルフマネジメント

睡眠の脳科学。どうやって記憶しているのか?

この記事はこんな方におすすめ
・睡眠の大切さを知りたい!
・睡眠を大切にする組織を作りたい!
・生産性を高めたい!

読む時間:3分

今回のテーマは睡眠の脳科学です。以前も睡眠の重要性についてご紹介しました(こちら)。ぜひ睡眠を職場に取り入れて頂ければと思います!

とはいうものの、
・そもそも寝ている時にどうやって記憶しているの?
・睡眠といっても色々あるけど、どのタイミングで記憶しているの?
ということをスタッフから聞かれるかもしれません。そんな時にサッと答えることができると、睡眠の大切さを今以上に広めることができると思います。

今回は睡眠に関する2017年に報告された、120本の研究論文のレビューから、人を対象とした基礎研究を取り上げます。

まずはウィスコンシン大学とコロンビア大学の共同研究です。11名の睡眠実験群と10名の起きている条件群を対象に、脳波を計測して睡眠中の記憶のメカニズムを解析しました。今回用いた実験は、空間運動学習です。簡単に言うと、目で動いているものを見ながら、手を動かしていくということです。キャッチボールのように、動いているボールを見ながら、体を動かしてキャッチするといった運動です。このような運動には、脳の中では頭頂葉と呼ばれる場所が深くかかわっています。目から入ってくる情報と、体から入ってくる情報を統合する(かけ合わせる)場所です。さらに、この空間運動を複雑にする実験も行い、簡単な実験と複雑な実験との脳波の違いを確認しました。

さてこの実験の結果ですが、まず睡眠群と起きている条件群では、睡眠群の方が空間運動学習の効果が高かった。やはり睡眠が大切なんですね。そして睡眠群の脳内を脳波で測定した結果ですが、脳波が遅くなる深い睡眠の時に、頭頂葉の活動が顕著に認められました。そしてそれは睡眠後30分で最も大きかった。最初の30分で学習しているのかもしれませんね!

次はリューベック大学が2006年にNatureに報告した研究です。この研究も脳波を計測した研究です。結果は先ほどと同じく、脳波が遅くなる深い睡眠の時に学習されていました。さらに、睡眠中に脳に刺激を加えることにより、学習効果が高まる可能性も示しています。ただしその場合は、体を動かす運動記憶ではなく、単語を覚えるなどの宣言的記憶(文字記憶とでも言いましょうか)に限られるようです。今後は、睡眠中に学習を高める音刺激が開発されるかもしれませんね。

さて今回は睡眠の脳科学についてご紹介しました。1つ注意点があります。睡眠後30分で効果が高まるのだから、前回ご紹介したような90分睡眠ではなく、30分で十分なのではないか?と思われるかもしれません。しかし30分睡眠では、深い睡眠にいけないのです。そして深い睡眠の際に目を覚ましてしまうと、そこから頭が使えるようになるまで1時間近くかかってしまいます。だからこそ、60分~90分の睡眠が必要になります。

脳をリフレッシュして集中力を戻したいなら20分ほどのお手頃昼寝。脳に記憶を定着させたいなら90分ほどガッツリ昼寝が良いようですね。

 

まとめ:
・睡眠後30分で起こる深い睡眠の際に記憶が定着している
・記憶を定着させるなら90分のガッツリ昼寝
・集中力を戻したいなら20分のお手頃昼寝

 

本内容は、参考資料を元に考察したものです。そのためあくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。

Chen et al: Deciphering Neural Codes of Memory during Sleep.
R Huber et al: Local sleep and learning.
L Marshall et al: Boosting slow oscillations during sleep potentiates memory.

リサーチ協力のWhite.Crowさんのブログもオススメです:
https://academictheories.com/

睡眠の脳科学についてさらに深く知りたい方はこちら:
https://academictheories.com/2020/05/01/sleep-brain/

これでチームがまとまる!共通の敵を作る前のページ

知られざる遊びの科学。遊びがあなたの生産性を高める!次のページ

関連記事

  1. セルフマネジメント

    有効性と効率性を使い分ける!集中力が鍵

    この記事はこんな方におすすめ・本当に必要なことに集中したい!・…

  2. セルフマネジメント

    これでもう慌てない!1.3倍のバッファー

    この記事はこんな方におすすめ・予定通りにプロジェクトを終わらせたい!…

  3. セルフマネジメント

    マルチポテンシャライトという生き方。これぞ働き方改革!

    この記事はこんな方におすすめ・職場の多様性を作りたい!・スタッ…

  4. セルフマネジメント

    マルチタスクは危険。頭を切り替えは負荷が高い。

     この記事はこんな方におすすめ・集中力を高めたい!・確実に作業を終…

  5. セルフマネジメント

    内発的動機付けと真の働き方改革!6,068名を対象とした調査の結果。

    この記事はこんな方におすすめ・スタッフのモチベーションを高めたい!…

  6. セルフマネジメント

    職場の習慣!良い流れを作るコツ

    この記事はこんな方におすすめ・仕組みをうまく実践につなげたい!・小さ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINEで通知を受け取る

友だち追加

ステップメールの登録

こちらから登録ください。

最近の記事

PAGE TOP