社会情勢

日本の高齢化の問題点。人口構造の問題だけじゃない。

この記事はこんな方におすすめ
・経営方針を定めたい!
・世の中の流れを理解したい!
・ニーズに合った組織づくりをしたい!

読む時間:4分

結論:日本の高齢化の速度は、欧州や米国と比較して2倍以上の速さで進んでいるため、対応が追い付かない。

今回のテーマは高齢化です。何をいまさらと言われそうです。少子高齢化、高齢化率世界一、などの言葉を聞き飽きるぐらい聞いています。

・世界一の高齢化率だから何?
・これからも伸び続けるんでしょ?
・大変なのはわかっているよ。
という声が聞こえてきます。もちろんその認識で間違っていません。しかし、実はそれだけでは不十分です。日本が直面している高齢化の問題は、別のところにあります。紐解いていきましょう。

まずは高齢者とは誰か?からです。高齢者とは、65歳以上の方々を指します。そしてこの高齢者を65歳から74歳の前期高齢者、75歳以上の後期高齢者の2つに分けます。この2つに分ける理由は、75歳を境に病院にかかる量が増えるからです。そのため医療保険の仕組み(制度)を、前期高齢者と後期高齢者で分けているのです。ちなみに前期高齢者は医療保険(国民健康保険)、後期高齢者は後期高齢者医療制度です。

では話を高齢化に戻します。この65歳以上の方々が、総人口の内どのくらいいらっしゃるのかをパーセントで表したものが高齢化率です。日本の高齢化率は、2019年の時点で28.4%です。21%以上ですので、超高齢社会です。これはもちろん世界一です。

だからそれはわかっているよ!少子化で人が増えないんでしょ?労働者が足りないんでしょ?

そもそも論で考えてみましょう。世界の高齢化率は、1950年の5.1%から、2015年には8.1%へと増加しています。先進国だけでみると、1950年の7.7%から、2015年には17.6%に増加しています。ここからわかるように、世界的に高齢化が進んでいるのです。ちなみに2015年時点の各国の高齢化率は、日本26.6%、ドイツ21.1%、スウェーデン19.6%、フランス18.9%、英国18.1%、米国14.6%、韓国13.0%、シンガポール11.7%、タイ10.6%、中国9.7%です。欧州もなかなか高齢化しています。ではなぜ日本の高齢化がこんなにも注目されているのでしょうか。

その要因は、高齢化率の高さもありますが、もう一つは高齢化の速さです。社会保障・人口問題研究所は、主要国における高齢化率が7%(高齢化社会)から14%(高齢社会)へと進む速さを比べました。その報告によると、フランス115年、スウェーデン85年、米国72年、英国46年、ドイツ40年、そして日本はなんと24年。日本は2倍以上の速さで高齢化が進んでいるのです。

欧州や米国は長い時間をかけて高齢化と向き合ってきました。だから参考になるのです。その反面、参考にならないこともあります。それは、この速さと向き合った国が過去にないということです。だから日本は、世界初の急激な高齢化に対応しています。ここに日本の高齢化が注目される理由があります。制度や国民の認識が追い付かない。そんな中でどうやって対応するのか。これからますます急激な変化を求められます。ご覚悟を!

さらに興味深いことは、中国24年、シンガポール20年、韓国18年とアジア諸国は日本に劣らず、むしろそれよりもさらに速いペースで高齢化が進んでいます。だからこそ、日本の高齢化への対応が参考になるわけです。うまく乗り越えることができると、日本の“強み”に転化することができますね!

まとめ:
・日本の高齢化の速度は欧州や米国の2倍以上。
・だから制度や国民の認識が追い付かない。
・アジア諸国は日本よりもさらに速いペースで高齢化が進んでいる。

本内容は、参考資料を元に考察したものです。そのためあくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
総務省統計局:人口推計-2020年(令和2年)1月報-
内閣府:令和元年度版高齢社会白書
国立社会保障・人口問題研究所:人口統計資料集2020年度版.

相手の心を開く効果とその方法。ウエ・ヨコ・シタが、ドーパミンを放出させる!前のページ

内発的動機付けと真の働き方改革!6,068名を対象とした調査の結果。次のページ

関連記事

  1. 人間関係

    これはすごい!ユマニチュードから学ぶ人間関係を職場に

    この記事はこんな方におすすめ・スタッフと良好な信頼関係を築きたい!・…

  2. 社会情勢

    知らなきゃマズい!サブスクリプション!所有からアクセス権へ。

    この記事はこんな方におすすめ・サブスクリプションを知りたい!・サブス…

  3. 社会情勢

    社会保険って何?本当は身近なだけどよく知らない仕組み

    この記事はこんな方におすすめ・医療や介護の仕組みを説明できるように…

  4. 社会情勢

    改めて!2025年問題と2040年問題

    この記事はこんな方におすすめ・医療と介護のこれからを知りたい・組織…

  5. 社会情勢

    ギグエコノミーとは?あなたはこの流れについていけるか。

    この記事はこんな方におすすめ・多様な働き方をしたい!・スタッフ…

  6. 社会情勢

    2030年の世界地図帳。これでSDGsはバッチリ!

    この記事はこんな方におすすめ・SDGsを形にしていきたい!・視野を広…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINEで通知を受け取る

友だち追加

ステップメールの登録

こちらから登録ください。

最近の記事

PAGE TOP